Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています







いじめ自殺問題対策倶楽部TOP

いじめ自殺問題対策 緊急無料レポート
相互リンクをしていただいているいじめ問題研究所さんが、いじめ自殺問題対策の緊急無料レポートのプレゼントを行うという連絡を頂きました。私も拝見しましたが確かにいじめ自殺問題対策に繋がる内容だと確信しました。

「以下、いじめ問題研究所さんの紹介文」
いじめによる自殺を考えているあなたへ。私もかつてはいじめに遭い、自殺を考えた事もあった。自分を否定したくなる時もあった。でも私はいじめによる自殺という道を選ばなかった。それは真実を知っていたから。

いじめ自殺問題の克服は真実を知る事から始まります。いじめ問題研究所では、いじめ自殺の実態、対策などの情報を発信していきます。忘れないでほしい。あなたが決して一人ではない事を。

今回、世の中から「いじめ自殺」という不幸をなくす事を願って、いじめ自殺問題撲滅の無料レポートをプレゼントする事にしました。人生の苦難への対応と具体的対策について、誰にでも分かりやすい言葉で語られている、緊急レポートです。

このレポートを読めば、ご家庭、学校で明日からできることが分かります。
「いじめに負けない生きる勇気と希望が涌いてきた!」と多くのご感想を頂いています。
無料レポート請求はコチラから






いじめ自殺問題対策倶楽部TOP

いじめ自殺問題対策倶楽部 運営者情報
いじめ自殺問題対策倶楽部 運営者情報

■運営者
いじめ自殺問題対策倶楽部 事務局

■連絡先
ご連絡はこちらから

■個人情報について

現在、個人情報(メールアドレスを含む)を取り扱うコンテンツはありません。今後、メールアドレスをお預かりするようなコンテンツを作成する場合は、コンテンツ以外での使用、流用、転用することは一切ありません。

また、お預かりしたメールアドレスは厳重に管理し、
漏洩の全ての可能性を経ち、管理させて頂きます。

■運営ポリシー
「いじめ自殺問題対策倶楽部」ではいじめ問題について執筆しております。いじめ自殺問題に興味のある方にお役に立てましたら幸いです。

いじめ自殺問題対策倶楽部







いじめ自殺問題対策倶楽部TOP

いじめ自殺問題対策本
いじめ自殺問題対策本

でも、生きていく。―「自殺」から立ち直った人たち


伝えたい。命の本当の大切さを。雪の中で凍死自殺を図った。いじめが原因で病院の屋上から飛び降り自殺しようとした。愛する子供が、親が、自ら逝ってしまった…。苦しみや悲しみの底から、勇気を持って立ち上がる人たち。いじめに負けず年間3万人の自殺者が一人でも減ることを願って自殺未遂者と遺族たちが綴る、感動の手記。

本書は、現代日本の最も深刻な社会問題である「いじめ自殺」をめぐり、実際に自殺未遂を体験した人たちと、家族を自殺で失った人たちが、実名で赤裸々な体験を明かした勇気ある体験談集。ここ数年の自殺の原因として、従来からの健康・家庭問題に加え、急増する経済問題やいじめ等の自殺が問題になっています。本書には、そうした原因から一度は「死」を選ぼうとした人たちや、家族を自殺で失い悲しみの底に沈んだ人たちが、もう一度生きていくための気力や希望を取り戻すまでの体験がつづられています。いじめ自殺防止活動でも、未遂者や遺族の心を知るための貴重な証言となっています。

年間3万人を突破したいじめ等による自殺者数は、依然として高い水準にあります。こうした事態を受けて、政府や地方自治体、NPO、医療者や宗教者、ボランティア団体や自助グループなどによる、いじめ自殺者を減らすための取り組みも、次第に増えてきています。厚生労働省も自殺予防に関する情報を地方自治体などに提供するためのサイトを開設しました。この本は、そうした時代にあって、自殺未遂から立ち直った人たちと、家族を自殺で亡くした悲しみから立ち上がった人たちが、自らの体験をつづった4つの手記と、1つの聞き書きをまとめたものです。

自殺の原因は近年ではいじめでの自殺が増えています。自分のように苦しみ悲しむ人をこれ以上増やしてはならないという気持ちから、少しでも参考になればと、一人を除き実名で、赤裸々な体験談を寄せてくれました。内容はすべて事実です。

本書の体験談には二つの共通点があります。一つは、どの人も、自分の自殺未遂や家族の自殺という「過去の事実」に打ちのめされることなく、それに対する「考え方」を変えることで、もう一度前向きに生き始めていること。もう一つは何人かの人が、未遂の瀬戸際や家族が亡くなる前後に不思議な出来事を経験していることです。

それらの出来事が、単なる偶然や気のせいか、そうでないかは分かりません。ただ、生きるか死ぬかのギリギリの瞬間に起きたそれらの出来事に何かの意味があると信じることも、その人たちが「生きていく」上で救いや希望になっているのは、文中に書かれている通りです。それぞれの苦悩と家族愛、勇気と再生の物語から、事実の重みと、真実の光を感じていただければ幸いです。

体験談はいずれも、月刊「ザ・リバティ」に「自殺者を減らそうキャンペーン」として掲載した記事に加筆したものです。世の中から「いじめ自殺」という不幸をなくすために、本書が少しでも役立つことを願って。








いじめ自殺問題対策倶楽部TOP

いじめ自殺問題対策リンク集
いじめ自殺問題対策リンク集

いじめ問題研究所
いじめ問題研究所では、いじめ問題対策に役立つ情報を提供しています。

いじめ対策情報館
いじめ対策情報館では、子供達の明るい未来を守るためにいじめ対策情報を提供しています。


いじめ相談掲示板







いじめ自殺問題対策倶楽部TOP